はとの豆知識

Unityを中心に手っ取り早い機能の実装を紹介します。

【UE4】機能別サンプル どんなものがあるか軽くまとめ

UE4を触る機会があったので備忘録用に作ったものです。
BluePrint、UI、Niagara、Material、Cloth、Lighting
などなど… 機能のサンプルがずらっと並んだプロジェクトです。
全体をざっくり見てみましたが、
UE4にはどんな機能があるのかを知るため、思い出すために使えそうな感じです。
ちょっとずつ更新していく予定。



機能別サンプルとは

docs.unrealengine.com

コンテンツ サンプル は、特定のサンプル アセットと対応するドキュメントを相互参照できるトレーニング アプローチです。コンテンツ サンプルはそれぞれコンテンツ サンプル プロジェクトの中にそれぞれのレベルで構成されいて、Epic Games Launcher の [Learn (ラーニング)] タブから利用することができます。各レベルを進むと、それぞれのサンプル アセットを示す数字付きのスタンドが見えてきます。コンテンツ サンプルとサンプル番号に対応したドキュメントで、サンプルの作成過程が説明されています。

f:id:HatoHatter:20210515175442p:plain
f:id:HatoHatter:20210515175450p:plain

機能紹介

Animation

animationのサンプル。
壁を貫通しない コリジョンを置いていかないなど。

Audio

オーディオシステムのサンプル。
これも機能紹介。

Blueprint_Communication

別のブループリントへのアクセスだったりの通信手段。
イベントディスパッチャー、インタフェースなど。

Blueprint_HUD

触れると体力が回復するライフパックが置いてある。
プレイヤーのHPを回復する流れから、ポーズメニューの作成まで学べる。

Blueprint_Input_Examples

ボタンを押すとミニゲームが遊べる。
ブループリントでのプレイヤーの入力を学べる。

Blueprint_Mouse_Interaction

マウス入力。
ブループリントを使用したマウス、タッチ入力でオブジェクトをクリック&ドラッグしたり。

Blueprint_Splines

スプラインコンポーネントの紹介。
スプラインに沿ってエフェクトを出したり、メッシュアセットを伸縮、屈折させたり。

BlueprintRenderToTarget

クリックすると形が変わったり波打ったりする液体がある

Blueprints_Advanced

形を変えて弾むボール 追いかけてくるライト 回る歯車 ドア ゲットできるアイテム

Blueprints_Overview

ブループリントの基本的特性が学べる。
重なり合うライト カウントアップタイマー

Character_Rendering

目玉と髪

Cloth

風などの影響を受ける布のサンプル。

Decals

デカールという特別なマテリアルを使用して、汚れた壁の作成、ネオンのような輝きの投影を表現するためのサンプル。

DynamicSceneShadows

ベイクしたライティングで動的な影を作成する方法。

Effects

ビジュアル エフェクトとパーティクル システムのサンプル。
エフェクトのサンプルが大量に。
Niagaraではない。

ExampleProjectWelcome

これまでの詰め合わせみたいなやつ

FBX_Import_Options

なんかのオプション?
棒が曲がったり 四角のキューブから球体にスムーズに変わったり。

Geometry_Editing

四角形の一部をかけさせたり

HoudiniNiagara

Houdini アプリケーションを使用して、Niagara パーティクル システムで
使用できる複雑な手続き型の属性を作成する複数のサンプル。

らしいです。

Landscapes

ランドスケープのサンプル。

Leveldesign_Workflow

でっかい建物内見学。

Level_Scripting

ボタンを押すとか条件を満たすと扉が開き
最後まで行くと天井が開くムービーが入る。

Level_Streaming

必要のないマップの描画を省く。

Lighting

ライトのサンプル。
スポットライト、シャドウキャスティング、ライトの可動性など。

Material_Advanced

マテリアルを使用した 4 つの高度なテクニックの紹介。
1.マスターマテリアル ::マテリアルインスタンスを作成する際の基盤となるもの。
2.マテリアル関数 
3.マテリアル関数を使ったマテリアル レイヤー
4.頂点シェーダー アニメーション ::布の動きのシミュレートに使用する。

Material_Experimental

Material_Instances

マテリアルインスタンスのサンプル。
インスタンスの作成方法、親から子への パラメータ の渡し方、グループ間での
マテリアル インスタンス エディタでのインスタンスの管理方法。

Material_Nodes

マテリアルの外観を構成するプロパティを操作に使用する各種ノードの紹介。
ガラス、でこぼこ道、動く雲や水を作成するためにマテリアルをアニメートさせることも可能。

Material_Properties

マテリアルを構成するプロパティについてより深い機能を集めたサンプル。

Math_Hall

いろんなのが並んでる

MorphTargets

オブジェクトの形状が変わる

ナビメッシュ

Network_Features

ブループリントを介したネットワーク機能の使い方。
ふわふわしてるお化け 宝箱

Niagara

ナイアガラ

Paper2D

ペーパー2d アニメーションとか

ParallaxOcclusionMapping

地面の形状を好きに変えている

Particles_Intro

なんかすごいパーティクル

PhysicalAnimation

走ってるアニメーション

Physics

フィジックス
ぶつかったら転がったり ぶら下がってたり

PivotPainter

軸を中心に草が生えたり揺れたりしている。

ピボットペインタ ツール は、モデルの頂点データの中にモデルの回転軸 (ピボット) と回転の情報を格納する MAXScript です。この情報が Unreal Engine 4 のシェーダー システムの内部で参照されることによって、魅力あるインタラクティブなエフェクトが作成されるようになります。

PivotPainter2

木が生えたり揺れたり
家の素材が落ちてきて徐々に完成したり

PostProcessing

ポストプロセスの設定による見え方の変化だったり。
思いのほか多い。

ProceduralMesh

なにか特別なメッシュ??

Reflections

反射のサンプル。

SkinRendering

人間の肌の表現

StaticMeshes

スタティックメッシュのサンプル。

UMG

UIによってどのような表現ができるかの例が並んでいる。

Volumes

ボリューム のコンテンツ サンプル マップでは、様々なタイプのボリュームを使用して、ゲームプレイ エフェクトの各種生成、境界の設定、パフォーマンスの改善、ライティング ビルド時間の短縮を実施する方法を説明しています。 1.1 の例にあるように、ボリュームは [Volume] タブの中から Volume を選択し、レベル内へドラッグ&ドロップすれば配置できます。使用するボリュームによって、編集設定は異なります。