はとの豆知識

Unityを中心に手っ取り早い機能の実装を紹介します。

【Unity】正の値、負の値に応じて、絶対値を返す「Mathf.Abs」符号を返す「Mathf.Sign」

正の値、負の値に応じて値を返してくれるMathf(数学関数クラス)の備忘録です。

手っ取り早い確認方法

    private void Start()
    {
        Debug.Log("Mathf.Abs: " + Mathf.Abs(100));
        Debug.Log("Mathf.Abs: " + Mathf.Abs(-100));
        Debug.Log("Mathf.Abs: " + Mathf.Abs(0.01f));
        Debug.Log("Mathf.Abs: " + Mathf.Abs(-0.01f));
        Debug.Log("Mathf.Abs: " + Mathf.Abs(0));
        Debug.Log("Mathf.Sign: " + Mathf.Sign(100));
        Debug.Log("Mathf.Sign: " + Mathf.Sign(-100));
        Debug.Log("Mathf.Sign: " + Mathf.Sign(0.01f));
        Debug.Log("Mathf.Sign: " + Mathf.Sign(-0.01f));
        Debug.Log("Mathf.Sign: " + Mathf.Sign(0));
    }

f:id:HatoHatter:20210627213649p:plain

絶対値を取得できる「Mathf.Abs」

上の実行結果で「Mathf.Abs」は数値の絶対値を返してくれています。

符号を取得できる「Mathf.Sign

上の実行結果で「Mathf.Signは数値が
プラスであれば1
マイナスであれば-1を返してくれます。